リーフコンサート

イベント

2024年4月20日(土)

時間:①13:00~②15:00~

掲載

「 いろいろなパーカッションが登場する楽しいステージです。」

<出演者>
松尾志穂子(パーカッション)
近藤幹夫(パーカッション)
美郷(パーカッション)
中村 新(パーカッション)


<プロフィール>
松尾志穂子

名古屋音楽大学打楽器科卒業。在学中よりマリンバ・打楽器奏者としてソロ、アンサンブル、吹奏楽、オーケストラなど様々なジャンルで幅広く活動する。

軽妙な司会と会場を巻き込んだパフォーマンスを得意とし、あらゆる年代の人が笑顔になるコンサートを展開。自作のマリンバソロ曲「疾走」は2018年ドイツの国際マリンバコンクールにて演奏され、JPCより出版されている。奏者の他、DCFA(ドラムサークルファシリテーター協会)認定ファシリテーターとして、ドラムサークルや音楽セミナーなどを、東海地方を中心に沖縄、大阪など全国各地で年間230回以上展開する。「2010 Best Facilitator of the Year 」受賞。

中部打楽器協会理事。ぎふドラムサークル主宰。複数の福祉施設でドラムサークル講師を務める。日用品楽器とのコラボユニット「さ・ま~kajii」メンバー。



近藤幹夫

名古屋芸術大学音楽学部器楽科打楽器専攻卒業、同大学院音楽研究科修士課程修了。アメリカ・ボストン音楽院Zeltsman Marimba Festival修了。

第32回 国際芸術連盟新人オーディション入賞、同連盟新人推薦コンサートに出演。これまでにセントラル愛知交響楽団コンチェルトシリーズ No.37等に出演。2019年刈谷市総合文化センター管弦楽団と作曲:板倉ひろみ氏「いのりのうた いのちのうた ~マリンバとオーケストラのための~」を初演する。

現在、名古屋音楽学校マリンバ講師、中部打楽器協会理事、愛知国際病院非常勤講師、刈谷市総合文化センター・レジデンスアーティストを勤める。

クジララのCD「ちいさなこどもと親のためのうた・おうちうた vol.1」を販売中。



美郷

愛知県出身。13歳より打楽器をはじめる。名古屋音楽大学器楽科打楽専攻卒業。在学中特待生。名古屋音楽大学大学院音楽研究学科修了。

Classic,Latin,Jazz,Pops,演劇や現代芸術など幅広いジャンルで活躍し、国内外様々な演奏会に出演。数多くの演奏家と共演している。2013年キューバへ音楽留学。繊細さと大胆さを合わせ持つプレーヤーとして様々な場所で活動中。

『BIRTH』『voir』『スカルサクラ』『MAR』『にじいろ音楽隊』『トリオラナンキュラス』『クピパトリオ』等のメンバー。

劇団四季ディズニーミュージカル『ライオンキング』名古屋公演にてパーカッション奏者として演奏中。

自身が代表を務めるMusic Studio 『CORON』にて後進の指導にも積極的に取り組んでいる。

1stアルバム「リズム☆パラダイス」発売中。



中村 新

名古屋音楽大学音楽学部器楽学科打楽専攻卒業。同大学院音楽研究科器楽学科修了。

エレクトーン奏者松田昌、松本淳一、世界的マリンバ奏者安倍圭子、ネイ・ロサウロ、ネボーシャ・シフコビッチ、カタリーナ・ミチカらと共演。一方、ガムラン音楽にも強く興味をひかれ、本場インドネシア、バリ島にて、世界的第一人者、イ・クトゥ・スウェントラ氏に直接指導を受ける。日本の本格的ガムラン・グループ「スカル・サクラ」の一員として、国内外でイ・クトゥ・スウェントラ氏と共演を重ねる。また最近では中学・高校・大学の吹奏楽部の指導など、後進の指導にも積極的に取り組んでいる。

現在、ヤマハ音楽教室ドラム講師。中日文化センターカホン講師。中部打楽器協会理事。​名古屋音楽大学授業補助員。音楽教室「Rhythm-factory(リズムファクトリー)」代表。ガムランジェゴグ、パーカッションアンサンブルグループ“スカル・サクラ”団員。マリンバ&パーカッションアンサンブルグループBIRTHメンバー、PUENTE(マリンバ・ピアノ・パーカッションアンサンブル)メンバー。音物語メンバー。

開催日 2024年4月20日(土)
時間 ①13:00~②15:00~ 
場所 1F モール棟1Fリーフコート フロアガイドを見る
  • 開催イベント・キャンペーンは諸事情により予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。